いざ、車中泊をしよう!となっても、車中泊に適した場所を知らなければ意味がありませんし、
場合によって人に迷惑をかけてしまう場合があります。

では、車中泊をするにはどのような場所が適しているのでしょうか?

N811_higewoijirudansei500.jpg

初めて車中泊をする人にオススメなのが、




●オートキャンプ場
●RVパーク
●道の駅


などですね。

オートキャンプ場
オートキャンプ場は小さい子供がいるようなファミリーに向いています。

なぜなら炊事場やトイレ、コインランドリーまで完備されている施設がありますからね。

設備が整っているので快適性は高いです。
また、アウトドア自体を楽しみたい人に向いています。

ただ、公営の安いキャンプ場では設備がボロボロな場合もありますので注意です。
寒冷地のキャンプ場は冬季休業も多いです。

道の駅
道の駅のメリットはなんといっても無料ということ。

それに売店やレストラン、温泉施設があるところも。
しかも現地情報を仕入れるのにうってつけの場所です。
トイレも24時間利用できますし。


ただし、車中泊を歓迎しない道の駅も中にはありますので注意が必要です。
それにトラックが停まっているところの至近に停めてしまうと、非常にアイドリングの音がうるさいです。

耳栓無しではとてもじゃないけど眠れません。

そのリスクを回避できるならばかなりいい車中泊場所です。

RVパーク
RVパークというのは日本RV協会が認定している、車中泊のための施設です。
まだまだ数は少ないものの、徐々に全国に増えてきています。

2015年11月時点では、全国に58箇所の提携施設が存在します。
RVパークの大きなポイントは予約不要なところが多く、スペース内であればテーブルや椅子を出してくつろぐこともできるというところ。

ただ、キャンプ場ではないので屋外での調理はできません。

また、電源も使用できたり、ゴミも引き取ってくれます。
車中泊旅行者にはかゆいところに手が届く施設なのです。


地元密着型の場所が多いので新鮮な地域野菜がリーズナブルな価格で手に入ったり、温泉が近くにあったりと旅の拠点としてかなり重宝してくれます。