車中泊の就寝場所として、大きく分けてふたつに分類されます。

●シート上
●荷室


もちろん、どちらで寝ようと自由。
しかし、まずはそれぞれの長所と短所を把握しておくといいでしょう。

ということでまとめてみました。


●シートで寝る場合

シート.jpg

・クッション性・・・基本的に良し

・フラット性・・・基本的に良くない

・開放性・・・ルーフが低ければ良くない

・防寒性・・・基本的に良い

・セッティング・・・シートアレンジよっていろいろ



●荷室で寝る場合

ラゲッジ.jpg

・クッション性・・・基本的に良くない

・フラット性・・・基本的にとても良い

・開放性・・・タイヤハウスが大きいと悪くなる

・防寒性・・・基本的に良くない

・セッティング・・・基本的に簡単。しかし荷物移動が必要になる場合が多い


こんな感じですね。
フラットさを求めるなら荷室、クッション性と防寒性を求めるならシートといったところです。


個人的にはフラットな荷室が好きです。

防寒性とクッション性はマットをドカっと敷いてしまえば解消しますし。
荷物移動といっても、1泊程度の荷物ならば苦になりませんからね。

>無料でできる、ガソリン代を安くする方法