ベッドは快適に仕上げたし、荷物も完璧に収納できた!
あとは心おきなく眠るだけ・・・しかし、これだけではまだ車中泊において大きな穴があります。

それが「日差しと視線対策」。
レジャーシート.jpg

もちろん、

外から覗かれようが構わないという人もいるでしょう。
私なら覗かれたくないですけど。
特に夜間、ランタンを使用すると外から丸見え。。
コールマンLEDランタン.jpg

たとえ視線を気にしない人であっても夏場なら少なくとも日差し対策は必須。


また、場所によっては一晩中街灯などが眩しくて、神経質な人ならばあまり眠れないという事態に陥ることも。
なので日差しと視線対策ってかなり重要なのです。


では、具体的にはどうしたら?
とはいっても難しいことはなにもありません。

基本的には窓を塞ぐだけですからね。
市販のカーテンを買うでもいいのですが、もっと工夫して塞ぐのもアリですし、正解はありません。

ゆえにアイデア次第。そこが面白いところでもあります。
格好さえ気にしなければ、新聞紙をガムテープで貼り付けるのでもOKなのです。

注意点としては、すべての窓を完全にふさいでしまうと外界の様子が全くわからなくなってしまうためやや危険です。

ある程度外の様子が分かる余地を残しておくのがいいです。


>無料でできる、ガソリン代を安くする方法