夏の車中泊の大敵はその暑さ!そしてジメジメとした湿気。

あつい.png

暑さ以外でも夏は虫が多くて不快度を高めてきますよね。
やはり対策を講じなければとてもじゃないけど車中泊などできません。。

ではどのような対策やグッズを活用すれば快適になるのでしょうか?




●除湿剤や冷却シートを活用

湿度が高ければ肌にベタベタと寝袋などがひっつき、かなり不快です。
なので除湿剤を活用すると、嫌な湿気をどんどん吸い取ってくれるのでかなり快適になってくれます。

除湿剤もシートタイプや押入れ用などがあります。

除湿シートは繰り返しつかえて就寝時でもガサガサ音がしにくいものが使い勝手がいいです。

除湿シート.jpg

押入れ用タイプはシート下に2個ほど置いておくとかなり違います。
安価ですし、寝るとき意外にも使うと快適です。




繰り返し使えるタイプの除湿シート



また、寝るときに使用すると気持ちがいいのが冷却シートです。
首筋やおでこに貼ることで快適に眠ることができます。




●寝る前にエアコンで限界まで気温を下げておく

夏場の暑さをもっとも手っ取り早く解決できるのが寝る前にエアコンで車内をキンキンに冷やしておくこと。
そして車内が再び暑くなる前に寝てしまうというものです。

DSC_0217.JPG

しかし、これはちょっと掟破り。
民家近くでは深夜できませんし、仮にエアコンつけたまま寝てしまったら一酸化炭素中毒の危険性があります。

なのでこれをやるには、注意が必要です。



●高地へ移動する

日本の国土の7割は山です。
従って、たいていの土地では車で20km〜30km走れば高原などへたどり着くことができます。

高原.jpg

高原は市街地などに比べると2〜3度気温が低いです。
なので暑い時期でも比較的過ごしやすいです。

周辺施設などは市街地に比べるとどうしても少ないですが、
特に朝などは非常に爽やかです。


●食事で体温を下げる

体温を上げるのが健康に良いとされていますが、暑さ対策として身体を冷やす食材を摂るのも手です。
一般的には夏野菜や暑い地域で採れる食材は身体を冷やす効果があります。

身体を温めたりひやすもの.jpg

●虫除けのコツ

キャンプ場などでどうしても避けたいのが虫。
しかし、実は結構簡単に虫よけできたりします。

それが燃料式ランタンを点灯させ、車から離れた場所に設置するというもの。
燃料式ランタン.jpg

虫はより明るい方に集まる習性があるので車には寄り付かなくなるのです。
かなり効果的です!

●ウインドーバグネットを利用する

暑ければ窓を開けるのは至極当然ですが、車中泊では窓を開ければ虫が入ってきます。
そこで網戸。

ウインドーバグネットを活用するのが便利です。
虫も入ってこないですし、暑さも和らぎますからね。

車種に合わせて、かなりラインナップされています。

>>ウインドーバグネット

もっと価格を抑えたい方は、1000円代で汎用のウインドーバグネットもあります。