日産の人気車のひとつであるエクストレイル。

エクストレイル.jpg

2013年にフルモデルチェンジされ、2017年にマイナーチェンジされる予定です。
比較的大きな車格なので、車中泊でも快適な感じがしますがはたして?


エクストレイルで車中泊をする場合、就寝スペースとしては、

1.ラゲッジ
2.助手席リクライニング


という選択肢がありますね。

●ラゲッジ

エクストレイルラゲッジ.jpg

エクストレイルは後部座席を前側に倒すことでかなり広大なラゲッジスペースが生まれます。
長さ1750mm、幅1320mmと、長身でない限りそのまま就寝スペースとすることができます。

身長が170センチ以上あるならば、斜めに寝る感じになりますね。

とはいえ室内の天井も高く、830mmあるので圧迫感を感じることもないでしょう。
床面は防水素材ですがやや硬めです。

なのでマットを1枚敷くことで快適な寝床にすることができます。
ちなみに床下にも収納スペースがあり、車中泊に便利です。

●助手席リクライニング

エクストレイル助手席.jpg

エクストレイルのシートは、防水仕様。
しかも、前席の中央部には防水と透湿性に優れた素材、セルクロスを採用しています。

これにより、不快なムレを防止してくれます。
シートの背もたれは180度近くまでリクライニングしてくれますが、後席につなげることはできません。

とはいえ、シート横のサポート性は高く、睡眠中も姿勢をキープすることができます。
足元には荷物を置いて、足を乗せられるようにしておくといいです。

また、座面と背もたれの間のくぼみはタオルなどで埋めることで快適性が増します。


総じて、身長が170センチ以内の人ならば快適に車中泊をすることができそうです。

>無料でできる、ガソリン代を安くする方法