2014年に登場した新型ステーションワゴンである、スバル レヴォーグ。

レヴォーグ1.jpg

高いスポーツ性能を実現しつつ、後席がリクライニングしたり、荷室にカーゴフックが4箇所設けられていたり・・使い勝手が光ります。
ステーションワゴンということで広そうではありますが、車中泊でははたして快適なのでしょうか?




就寝スペースの選択肢としては

1.助手席リクライニング
2.荷室フラット


●助手席リクライニング


前席には専用のシートが採用されています。
レヴォーグシート.jpg

スポーツ走行のクルマだけあり、ホールド感があります。
素材は、耐久性や耐光性に優れた人口皮革のアルカンターラ。もしくは本革です。

ステッチ入りなので高級感があります。

上級グレードだと、パワーシートが採用されてます。
ただ、前席の背もたれを倒してもフラットにはなりません。

なので足が宙に浮く形となります。
快適に寝るには膝がなるべく曲がらないよう、床面に荷物やクッションなどを置くと膝の曲がり少なくすることができます。

しかし、寝返りすることが困難なので仮眠ととらえるほうが良いですね。

●荷室フラット

レヴォーグラゲッジ.jpg

レヴォーグの後席は6:4分割可倒。
両サイドのスイッチを引くと後席の背もたれが前に倒れ、簡単に荷室スペースを拡大することができます。

後席のノブを引くことでも同様の操作が可能です。
ラゲッジをフラットにするとほぼ真っ平ら!凸凹はほとんどありません。

室内長は1620mm。幅は1300mmと、かなり広いです。
ただ、このままでは男性はまっすぐに寝られません。斜めに寝てもやはり足りない感じですので床面を埋めるなどの工夫が求められます。

室内高は760mmで、それほど高くはありませんがフラットなので圧迫感は感じません。

ちなみに床面のフロアボードは前後に別れる2分割になっており・・・前方には7Lのサブトランク。
後方には33Lのサブトランクが備わっています。

ポテンシャルは高いので、あとは快適にする工夫次第という感じですね。

ちなみにサンシェードはレヴォーグ専用のものがあります。
サイズはピッタリなのであとは貼り付けるだけ。


リヤ用



フロント用