2014年に登場したスズキ ハスラー。

ハスラー1.jpg

軽ワゴンとSUVのクロスオーバーがコンセプトであり・・
立てたAピラーとロングルーフにより広々とした室内空間を実現しています。

また、可愛らしいデザインも人気の要因です。
可愛らしさとタフさを兼ね備えた本格派ですが、はたして車中泊の快適性は?

ハスラーでの就寝スペースの選択肢としては・・

1.全席フラット
2.助手席フラット+荷室モード


この2つになりますね。

●全席フラット

ハスラー全席フラット.jpg

前席の背もたれをリクライニングし、後席につなげることでフルフラットになり・・
広大なフラットスペースが生まれます!

シートの上で就寝することになるのでマットを敷かずともそのまま眠ることができます。
運転席側もフラットにすることが可能!

つまり1.3mの幅をそのままベッドにすることができるわけです。
二人並んで眠ることも可能です。

ただ、後席の背もたれはリクライニング可能ですが完全にフラットにはなりません。
なので身長が高い方は、インパネに当たって足が伸ばせない場合もあります。

また、後席側を頭にする場合、座面が奥に沈んでいるため、頭がやや下になります。
これは枕などを使えばすぐ解消します。

とはいえこのモード、それほど身長が高くない方向きでしょうね。


●助手席フラット+荷室モード
ハスラー助手席フラットと荷室モード.JPG
助手席と後席の背もたれを前に倒すことで、フラットなスペースを作ることができます。
この場合、約2mもの長さがあるので長身の人でも足を伸ばして就寝できるスペースが生まれます。

運転席側はフラットにはなりませんので、この場合寝れるのはひとりだけです。

あとは助手席と後席の間の隙間がありますが、タオルやクッションなどで埋めれば問題ありません。
また床面が硬いのですが、これもマットを敷けば快適になります。


総じて軽自動車なのに使い勝手と車中泊のポテンシャルが高いです!
人気なのがわかりますね!