走行性能に特化したミニバンであるホンダ オデッセイ。

オデッセイ1.jpg

ミニバンにしては車体がフラットであり、ハイブリッドではひとクラス下のミニバン並の低燃費を実現しています。

では車中泊の快適性はいかに?


オデッセイでの就寝スペースの選択肢としては・・

1.1列目2列目シートリクライニング
2.2列目、プレミアムクレードルシート


があります。

●1列目2列目シートリクライニング

オデッセイ2.jpg

助手席のヘッドレストを外し、リクライニングすることで後席とつなげ、フラットにすることができます。
もちろん、座面と背もたれの凸凹があるため、それらはクッションなどで埋める必要がありますが、シートもクッション性があり長さも十分なため、快適に就寝することができます。

シートもホールド性が高いです。

グレード次第で2列目シートがプレミアムクレードルシートなのですが、そのほうがクッション的には就寝しやすいです。

●2列目、プレミアムクレードルシート

オデッセイ3.jpg

プレミアムクレードルシートが装備されているグレードでは、オットマンが付いていますのでこのシートだけでも仮眠が可能です。
その場合、3列目シートを格納し広々使うのも手ですし・・・ヘッドレストを取って3列目シートと繋げることもできます。

ちなみに2列目、3列目シートではつなげることはできるものの、3列目シートは180度リクライニングできません。頑張れば就寝はできるかもしれませんけど。

なので寝心地としては1列目2列目シートリクライニングの方が秀逸です。

また、ラゲッジは2列目シートが格納できないため最大奥行は1520mm。
この広さでは大人では眠れません。。

車中泊としては快適にできる部類ですが、その場合は1列目2列目シートリクライニングに限られる感じです。

>無料でできる、ガソリン代を安くする方法