その昔・・・
まだ20代半ばだった時、一番あちこち旅に行っていました。

バイカーであり、独身であり、仕事の他にやることがなかったですからね。
で、今になって旅で「あの時やっておけばよかった!」と思うことがあります。

それが「記録」です。
記録.jpg

記録し、情報をすぐ取り出せる状態にしておけば


すっかり忘れ去ってまうあやふやな記憶に頼らずに済みます。
記憶では覚えるまで何度も行かなければなりませんし。

一度記録したならば、自分の求めているところにすぐたどり着けたり、あるいは人の役に立つことができます。

やはり自分が未経験のことは、すでに経験している人から聞いたほうがいいわけです。
イメージできますし、その分安心できます。

もし未知の土地に、なんの情報もなく行くならば、私なら不安でたまりません。
だからすでに行った人の情報や経験を検索するわけです。
そしてその時の安堵感!「ああ、ここでいいんだな!」とか、「こうなってるから楽しめそうだな!」とか安心することができます。

実にありがたいです!

同じように私が実際に行き、経験したこと、その土地の情報などを詳細に記録することで初めてその土地を訪れる人の役に立つことができるわけです。自分が調べる時の記録にもなりますし。

このブログがそうですけどね。
だからカメラ片手に、私は車中泊へ繰り出すのかな。

もちろん、単に自分が旅好きってのも大いにありますけど。
なので、もしこの記事を読まれている方がまだ記録をしていないのなら、記録することをおすすめします。

3年後、5年後・・・その記録がとてつもない価値を生み出しているかもしれませんよ。ホント。
「同じ場所を記録している人はいっぱいいるけど、意味あるのか?」と思ったりしますが、意味は大アリです。

場所は同じでも経験は唯一無二!
たとえ同じ経験をしてもどう感じるかは人によって様々。

そして感じたことは紛れもない事実なので十分に価値があるわけです!



カテゴリ