各社がこぞって参入するSUVというジャンル。
中にはただ車高が高いだけのコンパクトカーのようなものもありますし、定義があやふやになってきた昨今。

その中で従来からのSUV然とした形を今に継承し続けるのがスバル フォレスターです。

フォレスター1.jpg

車高が高く、車格もそれなりに大きく見えますが車中泊の快適性はどうなのでしょうか?


フォレスターで車中泊をする場合、選択肢としては・・・

1.助手席リクライニング
2.ラゲッジ
3.前席・後席を貫く


という手段をとることができます。

●助手席リクライニング

フォレスター助手席.jpg

フォレスターの助手席はリクライングしても、後席とつなげることができません。
ゆえに、後席の座面に着くまでのリクライニング角度。

それでもかなりフラットには近くなりますが、仮眠と捉えるのがいいでしょう。
その場合、足が落ちてしまうので、足元に荷物かクッションを設置し、足がなるべくまっすぐになるような措置が必要ですね。

とはいえ、ここでは長身の人は仮眠は難しいでしょうね。

●ラゲッジ

フォレスター荷室2.jpg
後席を格納することで、奥行1490mmものラゲッジが生まれます。
しかしこれだけでは、大人は眠れません。

そこで前席と後席の間の隙間を埋めることで、最大1827mmもの奥行を確保することが可能となります!
しかし、このままでは後席の格納部分が盛り上がっており、かなり寝にくいです。

なので、段差を埋める必要があります。
少々マットやクッションを駆使すれば、フラットにすることは可能です。

●前席と後席を貫く

かなり長身の方ならばこの方法がいいですね。
前席をリクライニングさせ・・後席も格納。

そこで生じる段差を、フラットになるように埋めることができればかなり広大なベッドが生まれます。
ただ、段差を埋めるのはラゲッジで就寝する場合よりもかなり難易度が上がります。

それに段差を埋めるためにあまりにクッションやマットを使いすぎると天井との間が狭くなり、活動スペースに影響します。
ややこれを実現するのは難しそうです。


ちなみにフォレスターは床下に収納があったり、リヤゲート内側にはフックがついており、ハンガーなどがかけられるようになっています。
フォレスターフック.png
使い勝手も良好です!

総じて、工夫次第でかなり車中泊の快適性は高くなりますね。

>無料でできる、ガソリン代を安くする方法