釣りおすすめ度★★★★☆

日高地方、えりも港の釣りの特徴と周辺の車中泊スポットをご紹介します。
えりも港は北海道の背骨の南端ちかく、えりも町市街地に近いです。
えりも港の場所.png

●えりも港の特徴

南部家川がえりも港の中央に注いでおり、回遊魚と根魚ともに魚影は濃いです。
特に夏から秋にかけてのシーズンでは複数の魚種が釣れることが多いです。

また、



港の北側に位置する夕陽が丘平盤の周囲も釣りの好ポイントとして知られています。
港内にはトイレもあり、コンビニもほど近いので家族連れでも安心です。

●えりも港の好ポイント

えりも港A.png

北防波堤の先端部であるAポイントは、防波堤下や消波ブロックの周辺でクロゾイやアブラコが釣れます。
また、南外防波堤方向へ中投げ、遠投でアブラコやコマイ。

港内側への中投げでアブラコやカジカ、コマイ、クロガシラという、豊富な魚種を釣ることができます。
朝・夕づまめに釣果が集中する傾向あり、海底は砂地主体。

ほとんど根掛りしないという素敵なポイントです。ここでは7〜8人がサオを出せます。

Bポイントでは
えりも港B.png
車のそばにサオを出せる好ポイント。

満潮時に港内を狙うと、夏から秋にかけて主にコマイ、ほかにもクロガシラやカワガレイ、キュウリ、カジカなども釣れます。

夜明け後に食いが立つ傾向で、こちらも根掛りが少ないです。
ここは家族連れでのんびり釣りを楽しむのにぴったりなポイントです。

エサはイソメなどがおすすめです。

港内は全域でチカを狙うことができますが、特に釣果が安定しているのがCポイント。
Cえりも港.png

ここはタイミングが合えば3ケタの釣果を上げることできまうs。

港の右側に位置する「夕陽が丘平盤」左のDポイントは
えりも港DE.png
砂浜からの投げ釣りで良型のカジカを釣ることができます。
しかし、ここは根掛りが激しいです。
仕掛けには工夫が必要ですね。

夕陽が丘平盤の北側のEポイントは、6月〜10月にかけてクロガシラが釣れる好ポイント。
砂浜から中投げや遠投で狙いますが、この一帯は海藻が密生しています。

なので1本バリ仕掛けをつかってヒットしたらサオを立て、魚を浮かして取り込むのがコツです。

●穴場ポイント

えりも港は12月になるとAポイント周辺に35〜45センチクラスのアブラコが入ってきます。
えりも港A.png

夜間中心にエサ取りを行うので夜釣りが中心ですが、大きな群れに当たることで1〜2時間で30〜50匹の釣果を上げることも可能です。

●えりも港で釣れる魚と時期

えりも港釣れる魚と時期.png

●えりも港周辺の車中泊スポット

・アポイ岳ジオパークビジターセンター

アポイ岳ジオパークビジターセンター.jpg

距離は約20kmで、クルマで23分ほど。
アポイ岳ビジターセンターとえりも港の距離.png

えりも港からやや遠いですが、無料で使える駐車場と、公衆トイレがあります。
環境は静か。
さらに徒歩5分圏内に温泉があります。
5:00〜早朝風呂もやっていますので、やや遠いですがかなりいいスポットです。
>無料でできる、ガソリン代を安くする方法