釣りおすすめ度★★★★★

日高地方、えりも町の釣りスポット、目黒漁港のご紹介です。
場所は襟裳岬から25kmほど北東。

目黒漁港の場所.png

●目黒漁港の特徴

目黒漁港は有数のコマイ釣り場の1つとして名高い漁港です。
主なシーズンは6月〜8月。そして11月〜2月ですね。

特に夏季に釣れるコマイは



夏コマイと呼ばれており、大釣りができることで有名です。
3ケタ釣りも珍しくない好スポットなのです。

ちなみに港入り口にトイレがあります。
ただ商店やガソリンスタンドは10kmほど南にあります。

●目黒漁港の好ポイント

目黒漁港A.png

東防波堤先端部のAポイントは漁港の入り口にあたるので、安定したコマイ釣り場。
港内側へちょい投げや中投げで狙います。

消波ブロック周辺では良型アブラコも釣れます。
また、12月には夜間エサ取りのためにアブラコの群れが港内に入ってくることがあります。
なので夜釣りで数釣りを狙うことができます。

東防波堤から港内に突き出す突堤であるBポイントは
目黒漁港BC.png

ちょい投げや中投げで夏にコマイ、キュウリがヒットしやすいです。

東防波堤のCポイントは、回遊のタイミングが合えばコマイの数釣りのチャンスがあります。
特に、外海がしけ気味のときが狙い目で、クロガシラも混じったりします。しかし当たりハズレはあります。

西防波堤先端部のDポイントは、
目黒漁港DE.png

12時方向やEポイント方向へのちょい投げでコマイ、クロガシラを狙うことができます。
港内突堤のEポイントはコマイの好ポイントとして有名であり・・・

胴突き仕掛けや遊動式仕掛けを使って、ちょい投げや中投げで狙います。
うまく群れをとらえれば3ケタ釣りも可能なポイントです。

港内岸壁であるFポイントは
目黒漁港F.png

チカの好ポイントで、冬場には20センチクラスの大型が主に釣れます。
また、1〜2時間で3ケタ釣りも可能です。

同時にコマイが大釣りできるポイントでもあります。

●目黒漁港の穴場ポイント

目黒漁港 穴場.png

この目黒漁港は、秋になるとサケが回遊することでも知られています。
なのでタイミング次第では数釣りも可能なのです。

港内の広範囲で釣ることが可能ですが、CポイントとFポイントが好ポイント!

特におすすめなのがFポイント。
なぜならクルマの近くでサオを出せますからね。

釣り方としてはウキルアー。
ルアーは35〜40gの軽めで、タナは1.5mほど、

ただ、東防波堤の一部では猿留川のサケ・マス河口規制がかかります。
なのでこれは現地で確認するといいでしょう。

●目黒漁港で釣れる魚種と時期

目黒漁港で釣れる魚と時期.png

>無料でできる、ガソリン代を安くする方法