2017年12月に登場したSUZUKI XBEE(クロスビー)。
スズキ クロスビー1.jpg

パッと見はハスラーをでかくしたような感じですが、実は細部を見るとかなりデザイン性がアップしており、
かつ軽自動車ではなくコンパクトSUVというジャンル。

ではこのクロスビーで、車中泊をすることは可能なのでしょうか?
また、快適性はいかほど?


クロスビーの室内のサイズは、室内長 2,175×室内幅1,355×室内高1,280mm

クロスビー1.jpg

それゆえ、普通に大人が横になれるほどの広さはあり、車中泊をすることは十分可能です

一般的に車中泊はラゲッジですることが多いですが、クロスビーのラゲッジはセカンドシートを倒しても1165mm程度。このままでは車中泊は無理です。

クロスビー2.jpg

つまり、前席とセカンドシートを貫いてベッドを作らねばなりません。
クロスビー3.jpg

一応、クロスビーはフルフラットにすることは可能です。
しかしセカンドシートの背もたれはリクライニングできないため、よほど小柄でない限り横になることができません。

なのでセカンドシートは収納して、前席を前か後ろへ倒す必要があります。
なおかつ、その場合はかなり段差ができるので、荷物やマット、クッションを駆使してフラットな寝床を作る工夫が求められます。

とはいえ、それは楽しんでしまえばOK。
結局のところ、車中泊をすることは可能です。

フラットな寝床さえできれば、なかなか快適性はたかくなります。