北海道で震度7を記録した胆振地方中東部地震。
私も北海道の、しかも胆振地方に住んでいるので非常に揺れました。

その後困ったのが大停電に伴う生活と、携帯の充電です。
モバイルバッテリーは持っていましたが、2回ほど携帯を充電するともう終了。。

やはり、電気が使えないとモバイルバッテリーの持ち味は半減してしまいます。
なので大規模停電時必要だな、と感じたのは充電器よりも発電機ですね。

これを機に買っておこうと思うのですが、発電機ってあまり馴染みがなく「高価で、大きいのか?」と思っていました。

しかし、携帯充電のためのポータブル発電機なら安価でコンパクトなものが多いです。
なのでまとめてみました。


●Drillpro ポータブル発電機

ポータブル発電機.jpg

手回し式かつコンパクトなので停電時にはかなり重宝する発電機。
しかも、USBで使えるライトにも対応しているのでそういうライトを持っていれば明かりの確保も出来てしまうのが魅力的です。

災害時はもちろんですが、キャンプや車中泊でもかなり使えます。
ゆえに、購入された方の評価は非常に高いです。
>レビューはこちら



●RAV Power ソーラーモバイルバッテリー

RAVパワーソーラーモバイルバッテリー.jpg

アウトドア仕様のモバイルバッテリー。
最大の特徴はソーラーで本体に充電してくれるのでコンセントがなくても大丈夫なところ。

しかも本体にはLEDライトもついているので停電時にはかなり重宝してくれます。
ただ、夜になると発電はできなくなるのがネガですね。

メリットは日に当てておけば勝手に発電、蓄電してくれるところ。
手回し発電のような肉体労働は不要です。
購入された方の評価もなかなか高いです。
>レビューはこちら



●AngLink LED懐中電灯 ラジオ付き手回し携帯充電器

手回しラジオライト充電器.jpg

災害による大停電で一番困るのが、情報を得られないこと。
テレビもオーディオも使えませんからね。

情報を得られないと「今どうなってるんだ?今後どうなるんだ?」という不安が拭えません。
そんな不安を私もリアルに実感しました。

しかし、この充電器ならばラジオが付いていますので非常に便利。
手回し式発電なのでコンセントや電池も不要。

それでいて、貴重な携帯の充電ができるのは万能!
しかもかなり安価!

これ一台で情報、明かり、充電の3つをカバーしてくれます。
それゆえ、この充電器はベストセラーです。

購入された方の評価もかなり高いです。
>レビューはこちら



●まとめ

やはり大規模停電という非常時に携帯の存在はありがたいです。
情報源や明かりになってくれますからね。

その携帯を生かし続けるためにはどうしても電気がいるので、電気の確保ができないうちはむやみに消費できないです。なので充電器よりも発電機が必須だと痛感しました。
私も電気が回復する前に携帯の電池がなくなりそうでヒヤヒヤしました。残り9%でしたからね。。

モバイルバッテリーはすでに使ってスッカラカンでしたし。
車で携帯を充電するという手もありますが、それは無駄にガソリンを消費するのであまり気が進みません。

大規模停電だと、ガソリンスタンドも営業していませんので。

被災してみて、電気のありがたさと発電機の重要性を思い知らされました。
これらはいわゆる防災グッズですが、キャンプや車中泊でも普通に使えるのがありがたいところです。

>無料でできる、ガソリン代を安くする方法