事故防止のためなんでしょうけど、車が走行し出すととたんにカーナビの操作が不能になります。
確かに、運転手が走行中に操作するのは危ないので制限する気持ちはわかります。

でも助手席に人がいる場合は制限の必要ないだろう、と。
いちいち停車しなければカーナビを操作できないのは非常にめんどくさいです。。

そこで走行中でもカーナビ操作の制限を解除する方法、車検で通るのか?についてまとめてみました。


●解除方法は2つ

カーナビの走行中の操作制限を解除する方法は2つあります。

・お店に依頼する
・自分でやる


お店とは、誰もが知っているオートバックスとかそういうところです。
ただ、お店に依頼する場合は2万円以上かかります。・・・高いです。
で、自分でやる場合の方法については以下のとおり。

●自分で制限解除するやり方

結構、動画で解除のやり方を説明してくれている人がたくさんいます。
要するに走行中にナビ操作できるキットが2000円程度で売っているので、それを買ってナビのコネクターに挟めるわけです。

実際に取り付けしているこの動画がわかりやすいかもしれません。

前置きが長いので3分25秒から見るといいですよ。クルマはホンダフリード。



手順はこちら

1.キズ防止のテープを貼って養生

2.カーナビまわりのカバーを外す

3.シフトが邪魔ならずらす

4.ナビを外す

5.コネクターにキットを挟む

6.アース線を繋げる

7.戻す


車種やメーカーによって使用する解除キットは違いますので、よく調べてから購入されることをおすすめします。
中にはナビの取り外し不要で、USBに差し込むだけでOKという解除キットもあります。
それ、初心者にはかなりいいです。

>カーナビ解除キット一覧

●車検は通るのか?

以上のように解除するときに頭をよぎるのが、車検に通るのか?というところ。
結論から言えば、車検でそこまで見ないので通ります。

実際、それで車検通してる人はたくさんいます。
ただ、解除するなら自己責任です。

ちゃんとルールを厳守できる人のみ取り付けるべきです。

●まとめ

ナビ解除キットの取り付けも思ったより簡単なので、DIYが得意な人ならば難なく設置ができそうですね。
これで煩わしい制限が解除でき、ナビ操作もテレビ視聴もできるなら結構安い買い物です。

ぜひ、ストレスのないクルマ旅を!
>無料でできる、ガソリン代を安くする方法