車中泊 実践記 寝心地アップのカテゴリ記事一覧

車中泊できる車種、基本テクニックと便利アイテム、実践記まとめ

車中泊できる車種の紹介や実践記、快適性を上げる基本テクニック。便利アイテムの使い勝手をまとめています。

  • ホーム
  • »
  • 車中泊 実践記 寝心地アップ

カテゴリ:車中泊 実践記 寝心地アップ

私が使用している車中泊道具

2017年2月から車中泊に行こうと決意。
3月から日産ノートでの車中泊を実践しています。

北海道なので3月は気温がマイナスということが多かったです。

寒い時はいろんな道具を使わないとダメなのかな・・と思いきやそんなこともありません。

私は基本的に高い道具は使っておりません。
身近にあるものばかりで就寝スペース作ったり、目隠ししたりしています。

●ベッド作成の道具

日産ノートはラゲッジだけでは狭いので、ベッドは前席と後席を貫いて作っています。

DSC_0519.JPG

こんな感じ。
助手席をリクライニングしてもフラットにはなりませんので

» 続きを読む

車内の環境、改善点を洗い出し

日産ノートでこれまで何度も車中泊をしてきて、快適性の改善と実践を繰り返してきました。

>日産ノートを車中泊仕様にカスタマイズ
>日産ノートでの寝心地の改善

また、息子との車中泊も実現しました。

>子連れ車中泊の準備
>子連れ車中泊、実践

しかし、まだまだ改善したい点がありますね。
今すぐに改善が必要だな・・と思う点は2つ。

●サンシェードが光を透過してしまうので、遮光性のものにしたい
●前席と後席を貫くことで広大な就寝スペースを手に入れたが、いかんせんフラットではなく改善の余地がある


1つ目のサンシェードについては、



» 続きを読む

日産ノートでの活動スペース、寝心地の快適性アップ!

息子が保育園通いだしたり、生活スタイルの変化でなかなか車中泊へ行けない日々です。
でも、快適性アップを施した日産ノートの寝心地や活動スペースの具合を知りたくて自宅車庫にて仮眠。。

うーむ、完全に怪しい人物だな。

施した快適性アップの施策は
●寝袋に入る際に頭が天井にぶつからないよう、ラゲッジ側を頭にする
●後部座席をひとつ起こし、動線の確保と活動スペースを確保する



外気温は4℃。夜にしては暖かくなりました。
さて、以前は後部座席を収納したラゲッジだけで寝ていた就寝スペース。

前席をリクライニングし、段差を埋めることで

» 続きを読む

>無料でできる、ガソリン代を安くする方法

品揃え豊富!車中泊専門店
カテゴリ
最近の記事
Copyright © 車中泊できる車種、基本テクニックと便利アイテム、実践記まとめ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます